フラット35sの違いって?

フラット35sは、省エネエコ、耐震、耐久、バリアフリーの条件を満たした高性能住宅の新規購入を応援しています。
Aプラン、Bプランが用意されていますが、違いをまとめてみましょう。
Aプランは、初めの10年間、金利が0.
6%引き下げられるプランです。
Bプランは初めの5年間、金利が0.
6%引き下げられるプランです。
出来れば引き下げ期間が長い方が嬉しいですが、Aプランではより高い基準の認定を受けなければいけません。
当然、住宅そのものの性能を高めるためにコストもかかりますし、地域や施工業者によっても、Aプランに必要な認定を受けることが出来る施工が予算内で出来るかという問題にもなってきます。
建築業者に相談しながら、すすめていく必要がありますね。