ETCカード機能付きクレジットカードは公共料金も払えるの?

手持ちがさみしいときでも買い物が難なくできる1枚、その支払い方法は様々な支払方法があります。
リボ払いは分割払いとは違い支払い残高に応じて月々決められた金額をその会社に支払う方法です。
毎月の支払い額が決まっているので支払い管理をしやすくなるのが利点です。
しかし、この方法を選択すると手数料もかかりますので簡単に選ぶ事は避けた方が良いです。
あると重宝する物ですが、支払いは計画的に行いましょう。
ETCつきクレカは何かの支払い時に現金で支払う必要がないのでとてもめちゃくちゃべんり♪なカードです。
また、ショッピングの支払いだけでなく電気・ガス・水道もETCカードつきのクレジットカードを使って支払いが可能です。
クレジットで公共料金の支払いをすると知らない間にカードのポイントが貯まっていたりするのでポイントを貯めるのが目的で支払いをクレジットに指定する人もいます。
が、クレジット支払いを選択すると口座振替時とは違い月の割引が無くなる事があります。
持っていると重宝するETCつきクレカ。
クレジットは買い物の支払い時に利用しますが支払い以外にもキャッシング機能が使えます。
キャッシングとはどう使う物か?一例をあげると、急にお金が必要になった時に提携ATMからETCカードつきのクレジットカードを使って現金を引き出せます。
ただ、キャッシングを利用した場合、返済が必要です。
返済時には利息もつくので(もしカーオーナーであれば)ETCつきクレカを作る時はキャッシングの利息が低い所を選ぶと良いでしょう。