住宅ローン審査落ちた時の対処法?保証料の支払い方式の選択もシュミレーションのポイント?

住宅ローンシュミレーションで考慮しておきたいのは保証料の扱いです。
住宅ローンの利用にあたっては保証人は不要ですが、その代わりに保証会社に受託してもらい、保証料を支払うことになります。
この保証料の支払いでは外枠方式と内枠方式があり、外枠とはローン本体の支払いとは別に一括して前払いする方法で、内枠は分割払いでローンに組み込まれる方式です。
保証料は返済期間により、その額も多くなります。
100万円あたりでみると20年の返済期間であれば1万5000円弱ですが、35年になると2万円超になります。
例えば、2000万円の住宅ローンで35年の返済期間であれば、40万円超の保証料が発生します。
初期費用を抑えるために内枠で分割にすることも一案ですが、内枠は外枠と比べて総額の保証料が高くなります。
金利の上昇によっても保証料は上がるため、総じて負担が増えることになります。
住宅ローンシュミレーションはローン本体の額に着目しがちですが、保証料など初期費用を含めた総額でみることも大事なポイントです。