転職活動では自己PRが大事になってくる?

【保育士転職では自己PRで子ども好きをどう表現するかがポイント】保育士の転職に際して難しいのは自己PRです。
なぜなら面接を受ける人のほとんどの人が自分がいかに子ども好きかとということを強調しようとするからです。
したがって他の人と差別化した独自色を出した表現をしないと面接官に印象を残すのが難しいのです。
つまり単に子ども好きというだけでは、インパクトが弱く相手の印象に残りません。
したがってどのように子どもが好きなのかを、具体的に説明することが必要なのですが、それがけっこう難しいのです。
でもなんとしても上手く表現しなければなりません。
それには自分が子どもの気持ちになってみることです。
まず目の前にどんな母親がいたら好ましいかを想像してみるのです。
いつも笑顔の母、いつもやさしくて明るい声で話しかけるてくれる母、いつもいいニオイのする母、いつも柔らかい手で頬をなでてくれる母、このような母を想像しながら、子どもとしての自分が望む母親象をそのまま語るのが良いのではないでしょうか。